お気に入りのヘアスタイルで自分達らしい結婚式を

新婦にとってヘアスタイルはドレスの次に気になるところです。

ドレスにあった自分の満足のいくヘアスタイルにしてもらうことで結婚式に臨む気持ちが2倍にも3倍にも大きくなると思います。新郎は残念ながらさほど変わることはないかもしれませんが・・・。

結婚式前にヘアメイクについて知っておいた方がいいことをいくつか見ていきましょう。

 

 

①美容代の相場は?

結婚式の美容代の相場は一体どれくらいなのか?

美容師さんは技術職になってきますので、式場と美容師さんによってバラつきがありますが、相場は10〜15万円です。高級ホテルに入っている美容室やブライダル雑誌などの有名な美容師さんにお願いすると20〜30万前。もっと有名な美容師さんになると40万〜になったりします。

式場と提携していない外部の美容師さんにお願いしたとしても10万前後はかかるでしょう。

 

②お色直しは何回?

結婚式、披露宴と進んでいき、お色直しがやってきます。

お色直しになると当然ヘアスタイルも変えなければなりません。その分のヘアメイクも料金に加算されていきます。

お色直しが増えると金額もそれに合わせて上乗せになるのでしっかりと確認しましょう。

 

③介添えさんがヘアメイクできるか確認

披露宴の最中はドレスや着物の介添えさんがついてくれます。

式場にヘアメイクをお願いすると、介添えさんも用意してくれます。介添えさんは大体1万円程度でついてくれます。

自分たちで外部のヘアメイクさんをお願いする場合、ヘアメイクさんが介添えも込みでやってくれるのかを確認しましょう。

 

④メイクと着付けも確認しよう

ヘアメイクさんは、ヘアースタイルに合ったメイクを当然してくれます。

和装をする場合には着付けができるヘアメイクさんのなのかも大切なポイント。着物になると着付けに関わる人数が増えてきます。新婦一人につき3人つくことも。技術もあるので2人で着付けが出来る人もいます。

当然3人になるとその分の金額も増えるので注意が必要です。

その点新郎はタキシード、紋付、どちらも簡単に着ることが出来るので、新婦ほど人手はかかりません。新郎のヘアセットもよほどのこだわりがなければ簡単に済んでしまいます。

 

私たち夫婦は和装の結婚式と披露宴、お色直しが一回でしたからさほど出費もありませんでした。信頼できる美容師さんだったので安心して最後まで任せることが出来て、楽しく披露宴を終えられました。

ふたりで納得のいくヘアメイクにしてもらい、楽しい結婚式が出来るようにしたいですね。

コメントを残す