結婚式で節約出来るものマトメ

一生に一度の結婚式。

挙式会場、ドレス、食事などどんなふうにしようかな?と思うだけでワクワクしますよね。

でも、一般的にはお金が何百万と掛かってしまいます。

そして、式の準備中はなぜか、金銭感覚が麻痺してしまうものです。

よく考えてプランを練らないと後で、もったいなかったな?と思うかもしれません。

大きく節約出来れば100万近くになる事もあります。

その節約出来た金額で、旅行を楽しむ、新居での生活費にお金を掛ける事が出来るのです。

結婚式で節約できる事をまとめてみました。

【挙式、披露宴会場選び】

まず、結婚式の日時を決めるポイントは真夏、真冬の平日で夕方からの挙式が一番安いです。

日柄にこだわらなければ仏滅も大幅な値引きをしてもらえます。

そして、挙式までの日数が少ない方が値引率が大きいです。

特に半年以内は大幅な値引きをしてもらえる会場もあります。

しかし、日時も日柄も大切にしたいと言うカップルの方には会場見学を上手に利用しましょう。

見学に行った時に式場の担当者に「初めてですか?」などと聞かれるかもしれませんが、「他にも見て来ました」と言っておくのがベストです。

初めてだと、無知なカップルと見なされて、担当者の営業トークに騙されてしまいます。

せめて、いろいろな知識を下調べしてから出掛けましょう。

式場は出来ればここで予約させたいと思うのは当たり前なので、なんとか、強引にでも話をまとめようとします。

『もう、今日予約しないとすぐに埋まってしまいます』『今日、契約していただくともれなく、○○が付いてきます』などと、言われるままに契約してしまわないように気を付けましょう。

一番大切なのは、契約前なのです。契約前にぜひ、価格交渉をしましょう。

他の式場の見積りを見せたりするのもいいかもしれません。

契約してしまうと、後はもう式場の思うままになってしまいます。

式場も顧客獲得に必死ですから。

その他

挙式内容で金額も変わってきます。

神前式、教会式、人前式と種類がありますが、一番安いのが人前式です。

人前式は友人などを証人として立ち会いしてもらいます。

そして、チャペルを使うと使用料が掛かりますが、ガーデン挙式などにすると安上がりになります。

【招待状・席次表・ウェルカムボード】

手作り出来るものは、なるべく頑張ってやってみましょう。

全部は大変なので、半分だけ手作り出来るのも市販されています。

ペーパー類は一人約500円ほど浮く事になります。

人数が多いほど節約出来ます。専用のサイトには可愛いグッズがたくさんあります。

自分でパソコンを駆使したり、得意な友人に協力してもらうのもいいかもしれません。

これも、素敵な思い出になりますよ。

【ドレス・新郎衣装】

式場へ持ち込み可能かを確認してからですが、安くて素敵なドレスを探すのもいいかもしれません。

持込料は掛かりますが、購入した方が安く済む事もあります。

【花】

いろんな部分に装花が使われますが、

必要なのはメインの装花、ゲストの装花、ブーケ、両親への花束の基本四種類があれば大丈夫です。

確かにお花は会場の雰囲気に一番大切ですが、他の細かい部分に付けるとオプションなのでどんどん金額が大きくなります。

気を付けましょう。

どうか、少しでも節約出来るところはして後は二人のオリジナルも大切にして、素敵な結婚式を挙げられられるといいですね。

コメントを残す