ヒルサイド迎賓館 徳島での結婚式/先輩カップルの口コミ・ウエディングレポート

地元が徳島のお二人。

ご新婦さまの営業先の社長さんから、出入りしている保険会社の若い営業マンを紹介されたのが、出会いのきっかけでした。

お付き合いをスタートしてすぐに結婚を決めたそうですが、半年後にご新婦さまは神戸へ転勤。

遠距離交際を乗り越え結婚された、お二人のお話です。

挙式日・お二人について

2018年2月挙式 @ヒルサイド迎賓館 徳島

新郎 キョウスケさん (徳島在住)

新婦 スズカさん  (神戸在住)

ゲスト 約80名

◆インタビューに応えてくださったのは、ご新婦のスズカさん

◆インタビュアー 松井

式場選びについて

Q まず、会場探しはどのように進めましたか?

私たち二人の地元である徳島で挙式することを決めていたので、ゼクシィのアプリで、徳島県内の式場を全て調べ、フェアの日程をチェックすることから始めました。

探し始めたのは去年(2017年)の78月頃です。

徳島県内には10数軒の結婚式場があるのですが、全部見学しました。』

Q 全てご覧になったのですね!その中でヒルサイド迎賓館 徳島に決めた、決め手は何だったのでしょう?

『一番初めに見学した式場が、ヒルサイド迎賓館 徳島だったんです。

私はそれまで友人の結婚式にも出席したことがなく、結婚式場という場所に初めて足を踏み入れたのがここでした。

とにかく式場は広くてキレイだし、階段も大きいし、何よりスタッフさんがちゃんとしている。

最初に見たので、まずここが自分の中での基準となりますよね。

その後ほかの式場を見て、ゲスト数のことも考え小さな式場は省き、最終的に3つの式場が候補に残りました。

ザ・パシフィックハーバーとブランアンジュ、そしてヒルサイド迎賓館 徳島です。』

Q そこから具体的にはどのように一つの式場に絞ったのですか?

『まず、それぞれ料理の試食もしましたが、不味いということは余程でなければ無いと思うので…料理は優先項目には入っていませんでした。

どの式場も良かったのですが、ザ・パシフィックハーバーはホテルのようなシステムで、同じ時間帯に数組かぶることがネックでした。

ブランアンジュは会場の雰囲気も良く、最初に対応してくれた男性マネージャーはとてもちゃんとした方だったのですが、周りのカップルの打ち合わせの会話が聞こえてくると、プランナーさんの対応が少しフレンドリーすぎるかな、という印象。

そう見ていくと、やはり最初に見たヒルサイド迎賓館 徳島が一番いいな、と。

私たちが“一日◯組限定”といった、他のカップルとかぶらない式場スタイルにこだわったことと、プランナーさんが皆平均的にちゃんとしていて、フレンドリーではあるけれどお客さま対応のプロ意識が高かったこと。

全国展開しているグループの式場だからか、スタッフ教育がきちんとされていることがよく伝わってきました。

料金的には一番高いと思うんです。

でも何十万も違うわけではないので、一生に一度のことなのだから、ちゃんとやるならこれくらいの料金は妥当だと思ったんです。』

気になる料金は??

Q 当初の予算と、実際にかかった料金はどれくらい差がありましたか?

『当初、予算は350360万円で考えていて、ヒルサイド迎賓館 徳島ではそれくらいの見積もりが出ました。

ちなみにザ・パシフィックハーバーとブランアンジュは320330万円くらい。

そして、実際にかかった金額は450万円程でした。』

Q 割引などはありましたか?

『フェア見学をしたので”今日申し込みをすれば…”というフェア特典がありました。

それから、私たちは転勤などの都合で、201812月に挙式したいという希望があり、それまでに日数があったので早割もありましたね。

さらにヒルサイド迎賓館 徳島で2月の空いている日が一日しか無く、日にち割引のようなものが適用されて、トータルで80万円程の割引になりました。

割引が無ければ500万円を超えたことになりますが、他の会場でもこれくらいの金額の割引はされていましたね。』

準備期間は?

Q かなり良い印象の中で式場を決められたようですが、実際の準備過程でも不満はありませんでしたか?

『なかったですね。

はじめのうちは月に一回、最後の方になると月に23回の打ち合わせがありましたが、準備中もプランナーさんにはたくさん助けていただきました。

私たちは共働きで、なおかつ私が単身赴任。時間がなかなか取れない中での準備だったのですが、色々やっていただきました。

実は最初に対応してくれたプランナーさんがオメデタで途中から別の方に代わったのですが、芸術系の学校を卒業された方で、最後には間に合わなくなってしまったウェルカムミラーを手作りしてくださったんです!』

Q そこまで手助けしてくださるのは珍しいですね!

『本当にありがたかったです!』

Q じゃあ当日まで滞りなく進みましたか?

『打ち合わせなどの準備期間中は本当に何も不満はなく、当日も特に気になるトラブルはありませんでした。

強いて言えば、披露宴中に使用する予定のクジの入った箱が違っていたりとか…でも、今では笑い話になる程度のことです(笑)』

振り返ってみて…

Q その結婚式から3ヶ月、改めて振り返ってみていかがですか?

『徳島にある式場の中では、ヒルサイド迎賓館 徳島は新しい方です。

だから式場自体もキレイですし、入り口からして他とは雰囲気が違う、エレベーターにも工夫がある。何よりスタッフさんが良い。

そうした細やかな気遣いが一番と思える式場で、挙式・披露宴ができて良かったです。

現在も私の単身赴任が続いていて平日は別々ですが、週末は行き来しながら過ごしています。

ようやく2人で暮らすための新居を決めることにもなり、まだまだやることはありますね。』

メッセージ

Q 最後に後輩カップルの皆さんに、式場選びのアドバイスをお願いします!

『私たちは、“自分たちが良いと思うということは、来てくれる人も良いと思ってくれる”、そんな気持ちで式場を決めました。

実際にお客さまからは「いい披露宴だったね」「会場も素敵だったね」と言われるし、私たち夫婦だけではなく、来てくださった皆さんにとっても、思い出に残る式になったのではないかなと思っています。

一生に一度のことです。納得のいく式場選びをしてくださいね!』

インタビュアーより

県内の式場を全て見学したり、お二人の思いや初めのインスピレーションを大切にしたりと、お二人でよく話し合われた様子も伝わってきました。
基本的なことですが、とても大切なことですよね。

「ヒルサイド迎賓館 徳島」の会場内には大きな階段の上に全体を見渡すことのできるバルコニーが設置されていて、入場シーンなどの演出にも効果的です。

また、一軒家貸切スタイルでのパーティーは、まさにお二人とゲストだけのとっておきの時間になりそうです。

お話を聴かせてくださったスズカさんは、とても気さくで素敵な女性でした☆
ありがとうございました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です