ウエディングのビデオ撮影にこだわる?

一生に一度の結婚披露宴、その思い出を映像に記録しましょう。と式場のプランナーさんから勧められると思います。まさしくその通りです。

ですが、撮影をするにあたりどんなことに注意していかなくてはならないのか。そんな気になる部分をチェックしてみましょう。

 

 

①ビデオ撮影の相場は?

自分たちの思い出の披露宴。満足いく形で映像に残したいものですよね。

では一体そのビデオ撮影にはどれくらいかかるのか?

全国の平均を見てみると大体15万円前後。

いろいろなプランがあるので式場でプランナーさんにしっかり話しを聞きましょう。

 

②式場提携のカメラマン?外部のカメラマン?どっち?

式場が進めるプラン意外にも外部のカメラマンさんが安く撮影してくれるものがあります。

式場で提携のカメラマンにお願いすると15万前後かかるところを、外部のカメラマンさんだと8万円ほどになることも。そこから式場に持ち込み料を払っても安くなる可能性があります。

ただ、外部のカメラマンの利用を許可しない式場もあるので、そのあたりは事前に確認しましょう。

式場提携のカメラマンさんですと、式場のスタッフとのやりとりもスムーズで結婚式当日に安心して式と披露宴に臨めるといったメリットもありますね。

 

③オプション、編集でそんなに変わる?

撮影が終わって、出来上がったものをどんな形でもらうか。という流れになってきます。DVDでもらうのか、ブルーレイでもらうのか。

編集せずに最初からノーカットにするのか、編集をお願いするのか。

それぞれによって金額が変わってくるので、きちんと確認しておくことをお勧めします。

綺麗な画像で残したい場合はブルーレイがいいでしょうね。

編集をお願いしたら、自分たちが見たい場面がなかった。なんてことにならないように注意しましょう。

 

④ここだけでしか言えない披露宴の危険性

実はとっても危険な結婚披露宴。

結婚披露宴は受付で大金を扱うことになります。

大体の式場は受付のお金を預かってくれません。その場合親族の誰かが預かることになると思います。

お祝いの席でカメラマンが撮影をしてくれていると緊張が緩んでしまうもの。

その隙を突かれてご祝儀を持って行かれてしまうというケースがあるそうです。

自分たちで気をつけておかなければならないのですが、そんな危険性もあります。とくに式場の提携のカメラマンではなく外部の人にお願いする時は注意が必要になってくるでしょう。そういった部分でも少し金額が上がっても結婚式場が提携しているカメラマンの方が安心なのかもしれません。

 

二人の思い出を残すビデオ撮影。自分たちが満足いく内容で撮影してもらいたいですよね。カメラマンさんと打ち合わせをしっかりやり、素敵な作品になるようにしましょう。

コメントを残す