ゲストハウス平源での結婚式/先輩カップルの口コミ・ウエディングレポート

約半年の交際を経て、秋田県の「ゲストハウス平源」でご結婚をされたお二人。

今回は、そんなお二人に結婚式の取材をさせていただきました。

 

式場・お二人について

式場:ゲストハウス平源
住所:秋田県横手市大町6-24

新郎:ヒロユキさん
新婦:トモミさん

ゲスト:約100名

インタビュアー:小林

以下、吹き出し白→小林、吹き出しピンク→トモミさん

 

式場選びについて

今回「ゲストハウス平源」で結婚式を挙げられたとのことですが、式場探しは具体的に何を頼りに行いましたか?
地元の新聞や結婚情報誌、あとはネットで県内の式場を探して……という感じです。
では、「ゲストハウス平源」以外で具体的に候補に上がった式場を教えてください
ないんです!
そうなんですね。もう一目で「ゲストハウス平源」に決められたのですか?
そうですね、“ゲストハウス”ということもあって。他のホテルとかだと、時間時間で組み入られて一日何組も式ができるので他の方達と会ってしまう…ということがあると思うんですけど、「ゲストハウス平源」だと一日二組くらいになり、ほとんど貸し切り状態で式ができるというのに魅力を感じました。ホテルとは趣が違い、昔の旅館になっていて、和装にぴったりの式だったのも決め手のひとつです。もともと私の希望が“和装”だったので、外の外観から中まですべてが合致したという感じですかね。
ではスムーズに式場が決定したのですね。

 

ご予算と費用について

当初のご予算はおいくらだったのかと、実際にいくらになったのかを教えて下さい。
大体300万くらいはかかるかなぁ…と言う感じはあったんですけど、実際のところ400万近くにはなったと思います。
ご予算より大幅に増えた形になったんですね。
そうですね、やっぱりあれこれやってうくうちに…(笑)ちょうど「ゲストハウス平源」のグループの60周年記念プランというのがあって、一番最初の見積もりでザっとこのくらいになりますよというのは貰ったのですが、そこから色々増えてしまいましたね。
式場から割引など何かございましたか?
「ゲストハウス平源」の60周年プランということで、60万の間で割引してもらうような形になりました。着物とドレスの2着は金額関係なくどれでもいいですよ、という感じでした。
その割引はどのタイミングで提示されたのですか?見積りのタイミングでしょうか?
そうですね、一番最初に『実はこういうプランがありまして…』という話を聞いていました。そもそもゲストをたくさん呼ぶより身内だけの結婚式にして友達などはレストランなどに呼んで披露宴をする…という形で、分けてしようと思っていたんです。「ゲストハウス平源」でもそういうことはできますか?というのを相談しに行ったんですが、支配人の方から、『分けてするよりは一度にやってしまったほうが予算的にもいいかと思いますよ』という提案をされました。
そういうような提案をしてくださると助かりますね。

 

打ち合わせについて

結婚式のテーマなどを決められたのか、またこだわりのポイントなど教えてください。
最初から決めていたのは、“和婚”でやりたいということです。神前式なので、色打掛と白ドレスで2着しか着てないんですけど、一応“和”をテーマにしました。入口のウェルカムボードや受付のカウンターの小物、テーブルのお花などを“和”に統一しました。
素敵ですね、装飾などに特にこだわられたのですね。
そうですね、キッチンペーパーなども扇型に全部折ってもらったりしました。なので、お花代がスタンダードの倍くらいかかっちゃったんですが(笑)
打ち合わせは何回ありましたか?
多くても月に1~2回くらいで、合わせて10回くらいですね。
打ち合わせの際に、当初の話と違っていたり不満に思われた点、苦労した点はありませんでしたか?
特にないですかね。私の中で、こうしたい、ああしたいということは決まっていたので、プランナーと相談しながら進めていったのですが、あまりにも予算から外れるようなら私から却下するような感じでした(笑)どこも同じだと思うんですけど、業者にお願いすると費用がかかってしまうので、自分達で作れるものは作ったりして節約しました。縁起物やプチギフトに関しては持ち込み料がかからないと聞いたので持ち込みました。
ギフトなどゲストのことを考えて進められたのですね。
そうですね。あとは、もう後半になってくるとお金がかかってきてもしょうがないかなという考えになりました(笑)あまり安っぽい結婚式にはしたくなかったので…。
確かに、仕方がないと少し妥協するのも必要なのかもしれないですね。

 

結婚式当日の感想

結婚式当日の印象はどうでしたか?これから「ゲストハウス平源」で結婚を検討されているカップルにアドバイス、オススメのポイントがあれば教えてください。
建物自体が地元の方でも普段入る機会のないところなので、ゲストの皆は扉を開けた瞬間から感動してくれました。本当に歴史のある昔の建物なので、結婚式以外の建物から全部感動してくれました。披露宴会場は少し新しいところなのですが、皆が「良かった」と言ってくれます。
なるほど、外観など建物の雰囲気を重視される方には良いのかもしれませんね。
そうですね。若い方で可愛らしく…だとか、ガーデニングウエディング…だとかを希望される方には全然合わないんですが、落ち着きがある和婚を希望される方にはおすすめです。
日本の歴史を感じられるような雰囲気なんですね。
そうですね!ただ、高砂の後ろが前面ガラス張りになっていて、挨拶が終わり乾杯が始まるタイミングでカーテンが開くんです。「わ~!」って最初は盛り上がるんですが、すべて逆光なんです(笑)天気が悪ければいいんですけど、良すぎると写真が逆光になるので…そこだけ何とかならないかな…とは思いました(笑)
確かに、写真のように形に残るもの…となると悔しいですね(笑)

 

インタビュアーより

新婦のトモミさん、落ち着きがあり話しやすく素敵な女性でした。
ご協力ありがとうございました!

お話を聞いていく中で、「ゲストハウス平源」は歴史のある建物で、雰囲気にこだわりたい方や和婚を希望される方にとてもおすすめの式場だということがわかりました。

打ち合わせなども不満に感じることがとくになくスムーズに進められたとのことですので、安心して準備も進められそうですね。

「ゲストハウス平源」で結婚を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。