結婚式の心得をご紹介

結婚式に向けて考えておくことは?と沢山あり過ぎて、どれから手を付けたらいいのかしら、という幸せがいっぱいの時期、先ずは、女性が楽しみにしている、指輪、についてご紹介させていただきます。

指輪は、エンゲージリングとマリッジリングの二種類があります。婚約する時の指輪と、結婚する時の指輪というイメージですが、これを一つにまとめてしまおう、という方もいらっしゃいます。

男性とペアで購入するのが、マリッジリングですので、一つにまとめられる方は、エンゲージの方を省かれることになります。

そして、婚約の印に、エンゲージリングではなく、腕時計等を贈られる方もおられます。

せっかくの機会ですので、婚約の時には、エンゲージリングもしくは、時計等、一生ものプレゼントが有っても良いと思います。慶事ですので、喜び多い事、嬉しい記憶は沢山あってよいのですから。

負担にならない程度の素敵なプレゼントを婚約の時に用意されるのはとても素晴らしい事です。

昔は、結納があり、結納の席で、エンゲージリング、時計などが、披露されました。現在は、結納が省かれることもありますが、エンゲージリングは女性の心に残る宝物になることは、昔から変わらないシンデレラストーリーなのです。

そして、男性とペアの指輪、マリッジリングについてご紹介させていただきます。

豪華なエンゲージリングがあった場合、マリッジリングは、シンプルでもいいかな、とお考えになられる場合があります。おすすめは、エンゲージリングと重ねてつけられるタイプです。

二つの指輪がより、美しく見せることのできる、お互いを高めていく指輪が良いでしょう。

ダイヤのエンゲージリングと、ダイヤで一周飾られたマリッジリングは、女性の憧れの的になるものです。まだ、美しいマリッジリングをご覧になっていらっしゃらない場合は、良い物を見に、出かけてみてください。

マリッジリングも、一生の思い出になる物ですから、エンゲージのついでや、ペアだったらなんでもいいわ、と思わず考えてしまう、疲れた日にはお決めになられずに、ゆっくりと余裕を持って選べる日にお出かけになってみてください。

マリッジリングも、お好みによりますが、ダイヤの輝きがある方が、お手元が美しく見えますのでお勧めです。

また、エンゲージリング、マリッジリングともに、石にダイヤがおすすめな理由は、ダイヤは硬い、という点でおすすめなのです。

ダイヤは石の中で最も傷がつきにくいとされています。そのため、指輪をはめたままで、家事をすることが可能です。お料理や、お掃除、お風呂等、家事の為に、わざわざ指輪を外すことがないので、一日中指輪をつけていることが可能なのです。

指輪を外さなければ、無くすこともありません。

付けはずしする必要がなくて、傷もつきにくくて、何時も手元に美しさと幸せを添えてくれる、そんな、一生ものになるエンゲージリングとマリッジリングですから、ご自身に最もふさわしいい美しいデザインを選ばれることをおすすめします。

コメントを残す