結婚式の節約ポイント レンタルドレス編

私をキレイに魅せるドレスの節約ポイント

レンタルドレスの相場は?

一生に一回!女の子が1回は憧れたことがあるはずの「ドレス」。

結婚式・披露宴の約何%を占めるか、ご存じですか?

実は私の借りたウェディングドレスは、30万円でした。カラードレスは15万円。ということは、合計で45万円でした。

びっくり!!

芸能人がデザインしたドレスや、有名ブランドのドレスだとレンタル費用も高くなりますが、そうでないならこの金額よりレンタル費用はグッとさがるはずです。

会場の連携店舗か外部の衣装店か

レンタルドレスと言っても、連携店舗も外部もありますよね。

はっきり言わせてもらうと、連携店舗は、内輪のスタッフが対応をしてくれるので、いろんな段取りが楽です。美容師さんもセットだったりして、まとめて一括の金額で請求されることがあります。

外部の店舗の場合は、当日の搬入までちょっと心配ですよね。美容師さんは、自前になる場合が多くあります。

あと、老舗のような会場の場合、心象が良くないみたいです。その後のサービスの品質にもかかわるかも知れないですね。

その辺がOKなのならば、私は、断然、外部をオススメします。

節約ポイント① 外部でも連携店でも値引交渉は忘れないで!

「結婚式」にかかわることももちろん、値引交渉をしてみてください。結婚式は「縁起物」のため、値引き交渉をすることを遠慮したり、恥ずかしがる方が多いようです。結婚式での値引き交渉はタブーでもなければ、非常識でもありません。結婚式は高い買い物です。中でもドレスは結婚式の中で「費用が上がりやすい項目ナンバーワン」と言われたりもします。この部分を節約できたらかなり大きいわけです。遠慮しないで「値引き交渉」しちゃいましょう。

節約ポイント② 値引交渉は契約前にしよう!

値引き交渉の鉄則は「式場と契約する前に行うこと」です。式場見学やブライダルフェアに参加した時に「ドレスのラインナップ」と「ドレスのレンタル料の相場」を必ず確認しておきましょう。プランナーさんに「ドレスのカタログも見せてもらえますか?」と言えば大抵は見せてくれるはずです。

レンタル費用を確認して自分の予算より高いと思ったら迷わず値引き交渉開始してみましょう。

例えば、「ドレスのレンタル料がもう少し安かったら契約を考えてもいいのですが・・・」

「先週見に行った◯◯式場は、ドレスのレンタル料を負けてくれるって言われまして、正直そこと迷ってます」のように言ってみましょう。でも、あんまりきつめのは、お奨めしません。

節約ポイント③ 外部の衣装店での値引交渉!

これは、私が実際にやった節約方法です。私のドレスは30万円と15万円と言いましたが、実はすでに破格値なんです。行きつけの美容師さんに衣装店の相談をし、まずは紹介してもらいました。ちょっと大きめの衣装店だったのですが、当時「モリハナエ」のウェディングドレスが入荷したてで、誰も着用してないドレスを契約しました。80万でした。

美容師さんの契約も一緒にし、価格交渉は美容師さんにお任せしたところ、何と半額に!自分で無理な時は、業者さんにお任せしてみるのもなかなか良いことかもしれないですね。

ちなみに、契約成立の際に「お鍋セット」などをプレゼントしてもらえることもありますが、その分を金額で値引してくださいというのは、OKなお話しだと思います。

また、会場に持ち込み料金が発生する場合がありますから、良くご確認くださいね。

節約ポイント④ ブランドにこだわるな!

もうすでにご存じですよね。「ブランド」にこだわらなくても可愛いドレスや素敵なドレスはたくさんあります。こだわりがなければ、お色直しを1回増やすこともできますし、小物やブーケにその分を回すこともできます。

連携店でも外部でも、ブランドではないドレスはお手頃価格の場合がありますので、よく確認してみてくださいね。

節約ポイント⑤ 外部衣装店はいくつかを検討すること

TVCMやネットの評判だけで、ピンポイントで1店舗に絞るのはタブーです。

外部衣装店によっては、「持ち込み料金」を負担してくれるところもありますし、その他、エステをサービスしてくれるところもあります。いろんなお店を回ってみて、納得の1着を探してみてくださいね。

ドレス選びのポイント これは絶対確認した方がいいこと!

ドレスのスケジュールを確認しよう

実は、私の結婚式の日に同じ会場で別の花嫁もおられました。私のドレスを拝見されて、会場の方と喧嘩になってしまいました。

彼女のドレスは連携店のもので、純白のドレスの裾がちょっと汚れ、誰かが着用したことがあからさまにわかるものでした。1週間前にも着用されたものらしく、汚れがとれなかったという声が聞こえてきました。

自分の着用するドレスの汚れやスケジュールについても前もって、スタッフの方に確認しておいてくださいね。

一つの声掛けで、人の意識は変わるものなんですよね。

担当の方の意見は大事!

私は、着てみたいドレスがあったので、それを迷わず着用しましたが、まったくもって、似合いませんでした。「こっちの方はいかがですか?」「こちらの方が・・・」と薦められるドレスは、案外着てみると素晴らしく見違えたりもしました。自分の意見も取り入れつつ、やっぱりプロに任せてみるのも自分を魅せるドレスを選ぶには大切なことかもしれないですね。

節約ポイント⑥ 会場料金にドレスセットプランがある?!

女性の気になるドレスが節約されることが多くなり、会場が出しているプランがあったりします。「ドレス購入」ですね。これは、ドレスが決まっているらしいので、なかなかお得なプランのようです。カラードレスは、レンタル代金がかかるようなのですが、もともと会場料金にドレスが含まれているので、内容によっては、すごくお得なプランかもしれないですね。ぜひ、確認してみてください。

節約ポイント⑦ ドレス専門店で購入してみる!

最近の傾向で、こちらが多い様です。いろんなネットショップなどでドレスを購入する方法です。採寸などが難しいのですが、そこをクリアできるとかなりの節約につながります。

ネットだけではなく、百貨店などでも定期的にセールが開催されています。

新品やレンタル落ち、サンプル品などが格安で販売されているので要チェックです。

百貨店なら商品券も使ってより安くできますよね。やっぱり、実際に試着してみることが何より大切だと思います。

節約ポイント⑧ 小物類も抜かりなく!

提携のドレスショップでレンタルする場合、ティアラやベール、グローブなどの小物類もセットになっていることが多いです。

しかし、ドレスを自分で購入した場合は小物類も自分で用意しなければなりません。

ウェディングドレスに必要なものは以下の通りです。カラードレスは、ベールが入りませんが。

  • ベール
  • ティアラ(または、お花)
  • グローブ
  • イヤリング
  • ネックレス
  • パンプス

といったところでしょうか。

ベールやティアラは案外、友人が持っていたりします。ネットでも売っています。また、ヘアメイクの方と相談すると安く売っているお店を教えてくれたり、貸してくれることもあるようですよ。

節約ポイント⑨ 何と、ドレスは売れるのだ!

ちょっと、これはびっくりなのですが、ドレスは売れるんです。

自分で、オークションなどで売っても構いませんが、一度しか着ていないドレスは、高値で売れるらしいです。

節約術の究極のスタイルですよね。

 

でも、一生に一度のウェディングドレスです。

節約にこだわりすぎず、後悔のない素敵な一着を選んでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。