結婚式のしあわせ節約術

結婚は人生の中のの重要なイベントですが、結婚式はトップ5に入るお金のかかるイベントです。

数百万円という費用がかかる結婚式ですが、上手に節約すれば何十万円かの節約は可能です。

まず初めに結婚式は結婚式場から決めます。挙式のみで72,360円という式場もネットでお探しになれます。

どのような結婚式場にしたら良いか、ブライダルフェアは商品券付きのサイトから申し込みましょう。

ブライダルフェアとは結婚式場が各自で行っているイベントのことです。

ブライダルフェアでは結婚式で出されるメニューの試食会、ドレスの試着、模擬挙式や披露宴、引き出物の展示、ヘアメイク体験、無料見積もりなどのサービスを無料~5000円ぐらいで体験することができます。

また、ブライダルフェアの参加者限定でドレス代や写真代が割引になる特別優待を行っている式場もあります。

無料の試食会やドレスの試着会、模擬結婚式付きのブライダルフェアに参加するだけで、

数万円(3万円)の商品券がもらえます!

(マイナビ・ウェディングでは最高額3万円の商品券)

ブライダルフェアは試食会付をお薦めします。

結婚式に呼ばれた時の楽しみは新郎新婦の晴れ姿を見ることと、そして何といっても式場での食事です。

食事が美味しいと、大きな印象となって残ります。その逆も然り、美味しくないと美味しくないで、これまた印象に残ります。

これは私ばかりでなく全ての人がそうであると思います。

お二人で試食会付ブライダルフェアに参加なさってください。

結婚式のお衣装

和装でなさる場合には洋装よりも費用はかかります。

ウェディングドレスなどの衣装代には大きくお金がかかります。

式場で借りるときに様々なドレスのカタログを出されます。ブランドものですと数十万円かかります。

しかし基本料金ドレスでも、より取り見取りで素敵なドレスが30~50着はあります。

ドレスの試着会付のブライダルフェアに参加しますと、ウェディングドレスや二次会のカラードレスも試着できます。

アクセサリー

アクセサリーのレンタル代、ティアラ20000円、ネックレス15000円、ピアス5000円というお値段です。

たとえば結婚式でウェディングドレスを着て、披露宴でお色直しのドレスを着て、二次会で別のドレスを着る、という場合には、大体別のアクセサリーを身に着けますので、レンタル料金が2倍3倍とかかります。

ネットでも素敵なネックレスとイヤリングのセットも売っています。

探してみると豪華に見えて安いアクセサリーは沢山あります。1万円セットでも揃えられます。

ぜひお近くのアクセサリーショップをのぞいてみてください。

結婚式のペーパーアイテム、招待状や席次表の節約。

例えば式場で頼むと総額70000円かかるところを、自宅のプリンターですべて手作りし、

総額30000円ほどに押さえることができました。

結婚式の演出の節約

キャンドルサービスやケーキ入刀時の光や再入場時のシャボン玉の演出など様々な演出があります。

一つの演出で5000円から2万円ほどコストがかかります。これを節約することができます。

それでも音楽とか照明のオンオフの演出はしていただけます。

結婚式の引き出物とブライダルエステの節約。

結婚式を挙げる方の中にはブライダルエステをされる方も多いと思いますが、数万~数十万の費用がかかることが多いです。

個人的に他のエステサロンを探すこともできますし、花嫁は何もせずともそのままで美しいものです。

結婚式の交渉も大事です。ウェディングプランナーに直接交渉する方法もあります。

式場側もできたら自分のところに依頼してほしいと考えていますので、

他の式場と見比べているような場合には正直に「価格面で迷っている」とお伝えください。

すると値下げしてくれたり予算に合うものを提案してくれます。

結婚式の卓上のお花

これは邪魔になる場合がありますよね。フラワーシャワーのお花、両家に贈るお花など、外部で注文すれば節約できます。

手作りできる小物の節約

自分で作ったほうが安く済ませることも出来ます。

ドレスの下に着る補正用下着、ウェディンググローブ、ウェディングベール、ティアラ、髪飾り、

新郎のワイシャツ、グローブ、ハンカチ、靴、ウェルカムドール、リングピロー、ウェルカムボード

これだけ節約することができます。

 

結婚式は数時間のイベントですが、一生の思い出になります。この日のために他を節約して来たかたも多いででしょうし、人生の晴れの日なのだから、ちょっと贅沢に、と思ってらっしゃるかたもおいででしょう。

これからの人生のために、結婚式は節約しようと考えるかたもおいででしょう。

上記すべてを節約すれば40万円以上の節約になります。この中で、これは節約できる、節約しよう、とお考えのかたに

参考になれば幸いです。末永くお幸せに。

コメントを残す